カテゴリ:テレビ・映画( 5 )

アマルフィ

http://www.youtube.com/watch?v=vl6h7UWo1_Q


 


映画『アマルフィ」みてきました。


 


イタリアの風景きれいでした。


 


そして,この歌!サラ・ブライトマンの「Time To Say Good Bye」


 


織田裕二かっこよすぎ!


 


天海祐希さんとってもきれいですてき!


 


『アマルフィ』ってどんな意味かと思っていたら,イタリアの街の名前でした。


 


これくらいネタばらしてもいいですよね。


 


[PR]
by nekojarashi75 | 2009-08-01 10:38 | テレビ・映画

納得と憂鬱

 


今朝,朝食のパンをほおばりながらテレビをつけた。


 


NHK。寒天製品会社の社長さんのインタビューのようだ。


 


その会社の寒天製品。お湯を注ぐだけで簡単にゼリーができるというもの。


 


簡単さが受けヒット商品に。大手スーパーとの取引話が持ち上がる。


 


スーパーの棚に自社製品が並ぶ。誰だって飛びつきたくなるだろう。


 


しかし,社長はその話を断った。


 


増産のための設備投資,人員雇用。でも,ブームが去った後どうなるだろう・・借金が残り社員のリストラが待っている。それを避けるためだ。


 


また,新製品を開発してもすぐには商品化せず温存し,時期をみて売り出す。


 


そうして収益を安定させる・・


 


最後に,今の経済についてきかれたとき「生意気かもしれませんが,私は成長=最善とは考えていない。成長を最優先するべきではない」と言う趣旨の事を述べておられた。


 


いちいち納得できる内容だった。


 


後で調べたら,長野県の伊那食品工業の会長塚越さんだった。


 


「かんてんパパ」私も子どもが小さいときよく作ったなあ・・


 


 


その後もテレビを見ていると


 


後期高齢者の問題。


 


年金の中医療費や介護保険費を払い,奥さんが認知症で施設に入っているため貯金を切り崩しながらその費用を払っている80才過ぎの方。


 


お昼ご飯は,コンビニのカップ麺をおにぎり。


 


そのほかの高齢者のインタビューもあったが印象に残ったのは


「生きることは難しい」という言葉でした。


 


若いとき一所懸命働いて,年を取って先行きに不安を抱きながら,実際極限の中で生きている方々・・


 


自分の将来が重なって見えて,外の天気・・・低気圧通過に伴う突風とたたきつける雨・・・のように心が暗くなりました。


 


 


2世,3世の裕福な家庭に育った政治家のせんせ達にはこの庶民の閉塞感想像もつかないだろうなあ。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


[PR]
by nekojarashi75 | 2009-03-22 11:11 | テレビ・映画
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました。

日航ジャンボ機墜落を巡っての架空の新聞社の記者のお話でした。

事故にまつわる所は,私の近くにも家族が犠牲になられた方がおられるので当時を思い出して胸が詰まる思いでした。


また,新聞の記事を載せるに当たっての記者やデスクの方の葛藤。

新聞ができていくまでの過程。あんな風に新聞記事ができていくのか・・・

シビアな取材合戦。

編集部と販売部の意識。

等,実際私たちが知らない新聞社の内部をかいま見た思いです。

ほんとの記者さんが観られたらあんなん違うと言われるでしょうね。

自分の仕事を舞台にしたドラマが時々ありますが,全然違いますもん。


新聞記事ができていくまでの所は興味や憤りを感じながら息を詰まられ観ていたのですが,主人公悠木(堤真一)の息子との葛藤がいまいちえがききれていないように思いました。


原作ではそのあたりもしっかり描かれているのだと思うのですが。

私がちゃんとくみ取れていないだけかもしれません。
[PR]
by nekojarashi75 | 2008-07-13 18:53 | テレビ・映画
朝早く起きて,ジャージに長袖Tシャツ,首にはタオル巻いて帽子かぶって・・ちょっと怪しい格好で夏祭りの前の神社のお掃除に行って・・

あわてて帰ってシャワーして,すこ~しドレスアップ。


行き先は,佐渡裕さんが芸術監督をしている兵庫県立芸術文化センターの喜歌劇「メリー・ウィドー」

兵庫県立芸術文化センターは、阪神・淡路大震災後10年・・・節目の年に文化復興のシンボルとしてオープンしました。

でも,復興を急ぎすぎた県は,大阪府同様財政難にあえいでおります。

この芸文センターの催し物に空席ができたらますます財政難に・・そんなことにならないよう貢献して参りました。



「メリー・ウィドー」

一言で言えば「楽しかった!」

舞台セットがオシャレ~~。

3幕それぞれの衣装が華やか。

圧巻のグランドフィナーレ。

More
[PR]
by nekojarashi75 | 2008-07-05 23:47 | テレビ・映画
日曜日に映画「ザ・マジックアワー」をみてきました。

文句なしにおもしろかったです。

佐藤浩一。前から好きだったけど,もっと好きになりました。

売れない俳優の村田(佐藤浩一)が映画の撮影と信じ,ギャングの元に乗り込んだ場面。

涙が出るほど笑いました。

そして,ギャングのボス役の西田敏行。彼がまたいい味だしてる。

彼でないとあの役はできないなあ。

そのほか脇を固める俳優さんもそれぞれよかった。

いろんな場面に笑いのツボがあって,楽しめる映画でした。

つづく
[PR]
by nekojarashi75 | 2008-06-23 22:45 | テレビ・映画